不動産や法人の登記手続きは司法書士の独占業務であり、弁護士や税理士は行うことが出来ません。

司法書士は国家資格のひとつ

MENU

司法書士とは?

 

司法書士は弁護士に次ぐ難関の国家試験に合格した人の行う士業です。

 

主な業務は不動産や法人の登記手続きの代理業務です。
ほかにも裁判所に提出する公的書類の作成、成年後見に関する手続きの代理など書類関係の仕事を行っています。
法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所での民事訴訟、調停などの代理業務を行えます。

 

司法書士の特徴をまとめると以下の通りです。

 

  • 登記手続きを独占業務にしている
  • 行政書士の業務と弁護士の業務に一部共通点がある
  • 行政書士にはできない領域の業務が多く、司法書士ではなく弁護士でないとできない領域の業務がある
  • 同じ業務を依頼するなら税理士より報酬は高く弁護士より安い

 

 

登記手続きに強い

 

不動産や法人の登記手続きは司法書士の独占業務弁護士や税理士ではできません
税理士と司法書士の違いを簡単にまとめると司法書士は法務局への手続き中心税理士は会社の税申告など税務署への手続きが中心です。

 

登記関係で相談したいことがあれば司法書士のいる法律相談所を利用しましょう。

 

登記がメインの特性上、依頼者から直接相談業務をする機会は少ないです。
不動産登記は不動産会社からの紹介、法人登記業務は税理士からの紹介になることが多いです。
不動産売買の移転登記は住宅ローンを組んで抵当権を設定すると金融機関から指定された司法書士を使わないといけません。

 

法人登記業務は直接相談することもできますが、会社設立後に税理士を利用する契約をすることを条件に登記費用を割引してくれるケースもあります。

 

つまり、司法書士は選ぶことができないケースもあり、直接相談するよりも税理士など付随するサービスを行う会社(司法書士との提携業者)を介した方がお得になることが多いです。

 

登記手続きであれば、必要書類さえ揃っていれば仕事はしっかりしてくれるので、利用する司法書士によって品質に差の出る要素は少ないです。

 

 

 

認定司法書士を利用するメリット・デメリット

 

認定司法書士は特別研修を受けたのちに認定試験に合格した司法書士のみがなれるワンランク上の弁護士に近い資格です。
簡易裁判書における140万円以下の民事訴訟など条件は付きますが、弁護士と同様の代理業務ができます
最近では司法書士法人が過払い金請求の代理に力を入れているところも増えています。

 

司法書士を利用するメリットは弁護士よりも相談費用や報酬が安い点です。

 

ただし、当初は140万円以内の請求でも調査を進めていく中で新たに請求出来るものが発生したり利息が膨れ上がって請求できる金額が140万円を超えても司法書士が代理だと140万円までしか請求できません。

 

また、簡易裁判書では決着せずに家庭裁判所や地方裁判所で行う大きな裁判に発展した場合は弁護士に相談し直さないといけません。
一から弁護士に相談しなおすと費用と手間の双方で負担が大きくなるケースもあります。

 

訴訟や紛争解決は必ずしも思惑通りに進むとは限らないので、司法書士より報酬は高くても難しい問題なら最初から弁護士に相談した方が無難です。